理解するためのバイクの仕組み

理解

バイクはエンジンによって動く乗り物で根本的には車もモーターボートも飛行機もエンジンで動くので兄弟といえます。エンジンは空気と燃料が混合しそれに火花が散ることで爆発するエネルギーを動力にして動く仕組みです。バイクのエンジンは動力源というのを理解することが第一歩です。そのからくりは動力となるピストンの運動をさせるのが代表的です。ピストンの数によってエンジンの種類が変わります。

またピストンが上下する距離の違いも乗り物としての性格が変わります。距離が短いほど回転率が上がるので高速回転型のエンジンとなり部類としてはパワー型になっていきます。逆の場合はトルクのあるエンジンとなります。いざ動く場合はピストンが爆破で動きピストン側にあるバルプと外側にあるカムとスプリングの組み合わせでよりたくさんのガソリンが出入りしブラグの点火により火花が発生して爆発の力で動く仕組みです。

そしてエアクリーナーで吸気をしてマフラーによって排気と消音をします。他の乗り物にないのがチェーンでこれはたくさんのプレートの組み合わせでできています。しかもその丈夫さはかなりのもので切れることは稀です。またサスペンションも大事で衝撃を吸収するので乗り心地が格段変わることが挙げられます。