バイクのマニュアルとオートマの仕組みの違いについて

バイクにはマニュアル・トランスミッション車(MT車)とオートマチック・トランスミッション車(AT車)があります。車体形状や操作方法に違いがありそれぞれの特性を理解し乗りこなす必要があります。

仕組みついて大きな違いは、MT車にはクラッチ操作とギアチェンジが必要ということです。エンジンで発生した動力がクラッチからトランスミッション、ドライブチェーン、後輪へと伝わります。その際左手と左足で操作する必要があります。AT車は自動化により両足が自由になっています。

仕組みの違いがあるので車両のスタイルやその運転姿勢も大きく異なります。MT車を運転する時の正しい姿勢として、最もバランスがとりやすいのは「ニーグリップ」です。ステップバーに土踏まずを乗せて足の裏はほぼ水平にし、両膝で燃料タンクを軽く挟む姿勢になります。この時つま先をやや内側に向けると自然にニーグリップができるようになります。

MT車はMT車に比べエンジンブレーキがききやすい点、ホイールベースが短く小回りがききやすい点なども特徴としてあり違いがはっきりしています。バイクを運転する際はそれぞれの特性を理解し安全かつ快適に操作することが大切になります。

マニュアル