バイクのエンジンの仕組みはメーカーごとにさまざま

メーカー

バイクに乗っている人の多くは、ただ移動が出来ればそれでいいと考えているのではなく、乗り心地やエンジンの音・走りの快適さなどを味わうために利用しています。

例えば乗車中に身体に当たる風の爽快さであったり、身体の内部にまで響いてくるようなエンジンの力強い動き・リズムだとか、もしくは自分の思った通りの忠実な動きを返してもらえるという愛車との一体感だったりします。バイクは、それに乗る人にとって、何ものにも代えがたい感覚を味わうための手段でもあり、自由な自分だけの走りを現実のものとしてくれる大切な相棒です。

そんな大切なバイクの心臓とも言えるエンジンの仕組みや大きさは、メーカーごとに違います。それが一つ一つの「個性」を生み出していて、だからこそ乗り手となる私たちは、こだわりを持って自分に合う一台を選びたいものです。販売されている会社が同じでも使用されているエンジンが違ったり、独自の工夫が施されていたりもしますから、さまざまなものを購入前に乗り比べて見ると良いでしょう。

とくにメーカー主催の試乗会などに行くと、無料でさまざまなタイプのバイクに乗ることが出来る他、実際にどのようなタイプのエンジンが内蔵されているのかについて開発者から直接話を聞くことも出来るので、行ってみることをおすすめします。