バイクの仕組みを知れば改良もできるようになる

改良

自分が乗っているバイクに対して、すべてに満足できている人は問題ありません。ただ、たとえば「もっとハンドルを高くしたい、低くしたい」「スイングアームを長くしたい」「サスペンションを調整したい」などの要望を感じているのであれば、その要望を叶えることができれば更に良いバイクへ改良することができます。

タイヤを交換したり、ブレーキパッドを交換したりという程度であれば、専門業者にお願いしなくとも十分に対応できる可能性があります。これらに関しては基本的な仕組みが簡単なものなので問題ありませんが、非常に専門的な知識、技術が必要になる場合は必然的に専門業者に依頼せざるを得なくなります。

日常的なメンテナンスに関しては自分でできるようになることが大切ですが、それ以外の部分についても可能な限り自分で対応できるようにしておくと様々なメリットがあります。また、それ以外にも様々な部分を改良することができるようになると、乗り心地や操縦性の改善だけでなく安全性をも向上させられる可能性に期待できます。自身が期待するようなバイクに近づけば近づくほど、そのバイクに対する愛着や関心が増していくことになるので積極的に覚えましょう。