バイクに取り付けるグリップヒーターの仕組み

ヒーター

バイクで公道や高速道路を走るライダーは、常に風を受け続けることになります。気温の低い冬に長時間にわたって風に当たり続けると疲労しますが、グリップヒーターを使用すれば疲労を軽減できます。ライダーが走行中最も風を受ける場所は手です。その他の部分も風を受けますが、特に手は走行風が直接当たり続けるので体温が下がりやすくなります。アクセルをコントロールする右手は常にある程度の角度を維持する必要があり、グローブと服の隙間から風が侵入します。

安全にバイクを運転するためには、体温の低下と疲労を抑えることが重要です。グリップヒーターはバイクのバッテリーを使用して手を温める仕組みとなっています。他にハンドルカバーも併用すると走行風を直接受けずに済むため、冬でも安心してバイクに乗ることができます。オートバイにカスタムを加える方法にはエンジンのパワーアップやシート、タンクなどの交換などが考えられます。

走行性能やファッション性を追求するのもカスタムの楽しみ方ですが、安全性を高めるためのカスタムも重要です。冬は気温が低いため、走行風が手に当たり続けると冷えて動きが鈍くなります。走行風対策をしっかりと講じていれば、冬でも安心してオートバイにのることができます。