バイクエンジンの形式と仕組み

形式

どのバイクを選ぶが決める時、意図や形などのデザインはもちろんですが、エンジン部分もとても重要な部分と言えます。多くの種類のバイクが、エンジンが外に露出しているため、エンジンの形式のみではなく造形がどうなっているかを重要視する人もいます。エンジンの種類は、その形と気筒の数によって分けられています。最も単純な仕組みで出来ている単気筒は、1つのシリンダーに対してピストンが1つの構成です。

エンジンとしては非常に軽量で、低速で回転する時に力を発揮しやすいですが、速さという点ではあまり期待できません。単気筒を横に2つ合わせたような形をしているものもあり、並列2気筒と呼ばれています。クランクの角度によって速さの出しやすさなどに違いがあるため、好みが分かれるようです。2気筒エンジンの形式としては、そのほかピストンが向かい合うように配置されているものや、V型になっているものがあります。

並列のものは、3気筒と4気筒のエンジンもあり、数が増えたことで高回転時での力の出しやすさや振動の軽減などが特徴となっています。V型4気筒は、とてもパワフルで特徴的な音と走りやすさがあると言われています。このようにバイクには様々なエンジンがあり、乗り心地に大きな影響を与えるため、注目して見てみると良いでしょう。