バイクの電装の仕組みについて

電装

電装とは、バイクに取り付けられている電気に関連した装備のことをいいいます。これによっては運転しながら電気を充電することができ、電気を各部分に送り込むことができるのです。

バイクはオルタネーターと呼ばれる発電機によって発電が行われます。磁石とコイルを組み合わせてエンジンによって回転することで電磁誘導を生み出し発電できる仕組みです。こうして発電された電気を溜めておく役割を負うのがバッテリーとレギュレートレクチファイヤです。バッテリーは電解液による化学反応をによって充電を行うことができますレギュレートレクチファイヤは、レギュレーターとレクチファイヤという装置を組み合わせたものであり、電圧コントロールを役割を担っています。

こうして発電され、充電された電気が放電されることでエンジンを動かすセルモーターを作動させたり、スパークプラグに火花を出させて灯火の点灯を行うことが出来ます。

エンジンが働けば電気は消耗されていきますが、電装による発電のおかげで常に電気が生み出され、バイクは電気を失うことなく走り続けることが可能となります。この仕組みが壊れてしまうと、バイクは電気を得ることができなくなり、走ることができなくなってしまうのです。