バイクの車体の見た目を左右するシートの仕組み

車体

バイクの仕組みを語るうえで絶対に外せない部分となるのが、それだけで車体の見た目や雰囲気をもガラリと変えてしまう「シート」部分です。このシート部分の仕組みはバイク走行時の乗り手の快適さ・心地よさにも大きな影響を及ぼしますから、重要視した方が良い部分ということになります。

シートはいわゆる座る部分、座席のことで、弾力のあるスポンジに表皮をかぶせて作られています。このスポンジと表皮のそれぞれの質や組み合わせは、各メーカーやタイプごとに違うため、自分に一番合うタイプのものを地道に見つけていく楽しさがあります。

表皮の材質・加工法にもいろいろとあり、滑りにくいものや独特の風合いを追求したものなどがあります。タンデム・パッセンジャー・ピリオンシートは二人乗り用の後ろに乗る人用シートのことで、シングルシートはレーサーなどに用いられている完全一人乗り用シートです。

シートの中には買い物用のママチャリと呼ばれている自転車についているもののようなスプリングが付いているめずらしい仕組みのものもあります。自転車と言えば、自転車のサドルに似た三角形に近い形のサドルシートというものもあり、お尻を広く安定して乗せることが出来るようになっています。