バイクと自転車の仕組みの違い

自転車

バイクと自転車の違いは動力源が違うことです。バイクはエンジン、又はモーターを動力源として持っていますが、自転車は人が動力源となっています。そのため、動力がどうしても小さなものとなります。人が出せる力には限界がありますから、その限界を超えた力が出せるようになっているのがバイクということになるでしょう。

この違いは仕組みにも大きな影響を与えることになります。大きな力が出るということは、それだけ大きくなることにもなりますし、重くなることにもつながります。強度も必要になってきます。大きさも大きくなることが出来るようにもなります。大きくなり、重いモノを運べるようにもなります。大きな力が出ることになるので、安全性などを考慮する必要も出てきます。

こうしたことが大きな違いとなって出てきます。自動で動くのと手動で動くというのは大きな違いということがいえるでしょう。自動で動くということは力のない人でも操作することが出来るということになりますが、手動となると自力で全てを解決する必要があります。登れない坂が出てくると歩いて進むようなことも出てくるわけです。どちらにもメリットデメリットがあり、それを使い分けて使うことになります。