初心者が知るべきバイクの仕組み

初心者

バイクを購入しても附属してくる取扱説明書などにはその機械的な仕組みは書かれておらず初心者にはどのような構造によって成り立っているのかわかりにくいものです。

バイクの構造の要点としては、タイヤを動かすためのエンジン、エンジンから発せられた回転力を変換する変速機、その変換された回転力がタイヤに伝わり、タイヤが回転することで走行が可能です。回転するタイヤは後輪が一般的です。またエンジンや前後にあるタイヤを結びつけるフレームや、そのフレームにはエンジンに燃料を供給するための燃料タンク、人が乗るためのシート、また保安設備などが取り付けられています。また前輪はハンドルバーによって左右に動き、ハンドルバーには操作するためのブレーキやアクセルが取り付けられています。アクセルはスロットル式で手前に撚ることでエンジンの回転数を上げることができます。

一方でミッション車の場合にはギアチェンジの作業を行わなければならず、左ステップに変速ペダルが取り付いており、クラッチ操作を行う必要があるため左ハンドルにはクラッチレバーがあり、右ステップに後輪ブレーキのためのペダルが取り付けられています。走行に重要なのはエンジンと駆動系であり、これらが故障すれば走行することが困難になります。