バイクの仕組み ABSは安全装置

ABS

ABSとはアンチロックブレーキシステムのことで、急ブレーキをかけた時に、車両の安定性を保ちハンドルを奪われないようにする安全装置です。ブレーキはタイヤの回転を止める役割がありますが、急ブレーキの際にはタイヤが滑りハンドル操作がままならなくなる可能性があります。しかしABSが付いている場合、障害物などが目の前に突然現れた際でも、車両が安定しハンドル操作が可能となることで、障害物を回避でしやすくすることができます。

仕組みとしては、ブレーキペダルを強く踏んだのをセンサーが感知し、コンピューター制御によってブレーキ力を弱め、最適な力に調整するのを繰り返します。この仕組みにより、タイヤがロックするのを防ぎながら停止させることが可能となります。 ブレーキの操作方法は通常と変わらず、特別な操作を行う必要はありません。

ライダーはバイクが完全に停止するまでブレーキをかけ続けるだけで自動的に制御してくれます。自動車の場合はタイヤがロックせずに車両を停止できれば、振動が多少生じても衝突のリスクが十分低く抑えられます。しかしバイクの場合は転倒も防いでライダーの安全を守る必要もあるため、より精細な制御を行える仕組みです。