バイクの構造(仕組み)を知ればコストが浮く

構造

バイクは比較的精密な構造になっているため、どれほど大切に使用していてもいずれは故障する可能性が高いです。可能な限りメンテナンスを行うことでトラブルを減らすことはできますが、根本的な仕組みに起因する理由でトラブルが発生した場合には、専門業者に修理依頼をすることになります。

専門業者に依頼をすれば問題はほぼ解決することができ、その他の気づきにくい問題についても解決またはアドバイスをもらえる可能性にも期待が持てます。つまり、より高い精度で問題発生を抑制することができるようになるわけですが、専門業者を利用する場合には費用が発生してしまいます。そのため、常に専門業者を利用していたのではランニングコストが高騰してしまいます。

バイクの仕組みを完全に理解するまででなくとも、基本的な部分に関しては把握しておいた方が賢明です。なぜならば、そうすることによって基本的な部分のメンテナンスを自分で行えるようになり、専門業者に依頼するよりもコストを削減することにつながるからです。当然、素人では太刀打ちできない程度の問題が発生した場合には専門業者が必須ですが、「誰でもできること」に高いコストを支払うメリットは特にありません。

バイク(オートバイ)の仕組みを覚えるメリット

オートバイ

バイク(オートバイ)に興味を持っている人は多く、老若男女を問わずに非常に人気があるジャンルです。実際に運転することを目的とする人が多いですが、中には「見ているだけ」「乗せてもらうだけ」「整備するだけ」が興味の対象となっている場合もあります。

整備をすることに対して興味を持っている人はもちろんですが、そうではない人でも最低限度のバイクの仕組みを理解しているかどうかによってさまざまな違いが出ます。たとえば、メンテナンスコストは非常に大きな違いになりやすい要素です。

多少なりと仕組みを把握していて、自分でできることとできないことが明確に判断できる人とそうでない人とでは、生涯必要とするコストに雲泥の差が生まれます。もっとも、使用環境などによってもまったく違ってしまいますが、知っていれば節約できるコストですらも節約することができなくなってしまうという点で、知らない人の方が大きなコストがかかりやすいです。

また、「違和感」に気づくことができると、さまざまなトラブルと未然に防ぐこともできます。音や動きに違和感を感じることができ、それがトラブルの原因になるのではないかと不安視できるようになることがポイントです。

バイクの仕組みを知ると部品が見えてくる

部品

バイクには非常に多くの部品が使用されていて、基本的には何一つ不必要なものはありません。もちろん、たった一本のねじが抜け落ちてしまったからと言ってすぐに故障してしまうわけではありません。しかし、そのたった一本のねじが抜けてしまったことが原因で、最終的にはバイクが動かなくなってしまうこともあるほど仕組みは繊細です。

ひとつひとつが必要な役割を担っていて、その役割を果たすために最適な構成になっているということは、その仕組みをしっかりと把握できてさえいれば流用をすることも可能になるということです。ねじで言えば、頭が丸いねじと平たいねじのどちらを使うべきなのか、万が一、誤ったねじを使用した場合にはどのような不具合が起こる可能性があるのかと言ったことを考える必要があります。

基本的なメンテナンスを行ううえでももちろんですが、このような知識は「カスタマイズ」にも流用することができます。ハンドルやタイヤを好みのデザインに変更することは多いですが、どのようなパーツを使えば良いのかが分からなければカスタマイズのしようがありません。基本的なことだけでも十分なので把握しておいて、後はその知識を応用して安全、確実なパーツを選択するようにしましょう。

特殊な輸入車 ハーレー

国産のバイクと違い、ハーレーは特別なバイクです。世界中から支持され、多くのバイカーから愛されています。

パーツは純正パーツも社外パーツも多数のカスタムパーツが販売されていて、カスタムを楽しむ事ができます。国産ではないので、パーツの取り付け、取り外しにはインチサイズの工具が必要になります。

詳しいハーレーのことならこちらへ

国産バイクに比べ販売価格が高く、維持費やカスタムパーツは高額ですが、ハーレーでしか味わえないエンジン音や乗り心地が、自分だけのオリジナルカスタムの楽しさが、日本人からもハーレーが愛される理由でしょう。

輸入車ハーレー